天使のはしご 3月町だより

"March comes in like a lion and goes out like a lamb."

一生懸命を半分に

f:id:kaerunorinchan:20180602192540j:image

 

数日前に、くらくらして歩行困難になった件の、検査結果を聞きに行きました。

 

やはり、貧血などはなく、血液検査も特に問題なしで、いつものようにLDLコレステロールががんがん低い、くらいでした。

 

医師に、先日また、カウンセリングで、話をしたあとにくらくらになり、1時間ほどお店で休んだことなど話したら、

 

「どうやら、一生懸命、話すぎだね。

話半分にするとか、短時間にするとかしないと、しばらくは厳しいね。」

とのこと。

 

いま、かなりいろいろ真剣に話す内容があちこちに発生していて、

 

わたしが動くしかないため、

 

よく言われる

「大事な決断は、体調がよくなるまで後回し」にできない状態です。

 

期限を切られている決断は、後回しにすると取り返しがつきません…

 

というわけで、とにかく必死に話して、考えて、交渉していたら、

 

かなり頭にストレスがかかり、緊張で血行が悪くなっているらしいです。

 

話している時は感じないのですが、話し終えて、緊張から解けると、一気に目が回り始め歩けなくなります。

 

それで医師からは

まずは時間を短くする、

次に、一生懸命すぎない、

と言われました。

 

つい、力が入ってしまうのだと思います…。

 

なんとなく、自分の中のコップの水が、あふれてしまう…そんな感じです。

 

決め事は待ってはくれないし、わたしには力がないのですが、少し、かまえ方を変えていこうと思います。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村