天使のはしご 3月町だより

"March comes in like a lion and goes out like a lamb."

あなたはそのひとになりたいですか

f:id:kaerunorinchan:20180603075328j:image

 

しばらく前にお見舞いに行った際、かなり悪口雑言で罵られてへこんでしまったのでしたが、先日カウンセリングの際にその話になりました。

 

わたしを罵ったひとは、昔から自分の感情を爆発させているけど、社会的には、家庭があり持ち家があり車が数台あり、子供もあり便利な地域に住み、仕事もあり、おそらくは病気もなく明日の暮らしが心配な要素はない、家族は優しくいつも気をつかってくれる。

 

傍目から見てたら、圧倒的に幸福にみえますね、わたしのほうはあまりに幸福度が低い要因がそろいます、と話したら

 

確かによく一般的に言う「幸福度の基準」のようなものはたくさん持っているひとかも知れませんが

 

あなたはそのひとになりたいですか

と聞かれて

 

あ、わたしがもしそのひとなら

姑に良くしてあげたいし、

旦那さんにも怒鳴らないし、

と、言いかけたら

 

いえ、

あなたは

そのひとの立ち位置にいけるなら

同じ性格になっても、そうしたいですか

 

と問われて

 

えーっ…

それは嫌かも…

 

それは

したくない…

 

そしたらカウンセラーが

 

どういうわけで、感情を爆発させるひとが、はたから見たら成功した安定した幸福な生活を得たのかわからないときは確かにありますが、

 

やはり

まわりはわかっていて、

 

それはそのひとの

これから、にもつながるから

 

たとえば

いまそのひとが

幸せを感じているかはわからない

 

そして

何もかもなくなったと感じているあなたが

確かにたくさんのものを失い

たくさんのものを捨て

はたから見たら不幸にみえても

 

いま、あなたを囲んで支援しようというひとはたくさんいて、

それはあなたの気持ちや心がけや、さまざまなあなたとの関係性から生まれた支援で

きっとこれからにつながる

 

社会的な安定は今はないけれど

それが幸福につながるかは

そのひとの心の置き場所のはなし

 

 

そうか…

だから

そのひとになりたくないと思ったのかな

 

泣いて帰ってきたけれど

 

幸せかどうかは

違うのかな

 

と感じました

 

教会用にレーズンマフィン焼きました。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村