天使のはしご 3月町だより

"March comes in like a lion and goes out like a lamb."

あとまわしのマリア

f:id:kaerunorinchan:20180911150138j:plain

 

どうしてなのかわからないのですけれども、

なにか

「こうしてほしいな」「こうなったらいいな」

というようなことや

「これだけは」というようなうったえごと…

 

などが

 

そのときどきに、

たくさんの

大きな大きな困ったこと…天災や、大きな出来事…

だれかの病気や何かの事故、怪我などで

 

あっというまにかききえてしまうことがあります。

 

実は、それがすごく多くて、

自分では一生懸命に訴えたつもりであったことも、

 

最初は真剣に聞いてくださっていた方々も

 

あっというまに

 

大きな出来事のためにかけつけられ、

ふと気がつけば時間もすぎて、

 

わたしの訴えはかききえてしまっていました。

 

でも

そうだなあ…

 

だっていま、こんなに大変なことがおこっているんだしなあ…

と思えましたし、それでよかったのだし、と思うのですが、

 

気がつけば、21年すぎていたこともあって、…

 

特に今回は、それがとても大きなことであったために…

 

あのとき、

「すみませーん、もういちど、わたしのはなしをきいてくださーい」と

いうべきだったのかどうなのか、と思ってみたり…

 

ただ、それってなんだか、焼けぼっくいに火をつけるような、なんだか…と

思ってきましたし…

 

実は今回も、

あることで、わたしが所属していた団体と話をしていますが、

これが、なんでなのか、とてもとてもゆっくりのスピードです。

 

あいだにたくさんの災害が入りました。

いまもたくさんのかたがたがお困りで、たくさんの力が必要です。

 

そうかあ…

そうよねえ…

 

と思いながら、

 

でも、今回のお返事がなければ、

費用をかけた、ある件が、できなくなってしまう…しかたないんだなあ…

と思っているところです。

 

本当に

さまざまなことが、

タイミングをあわせたように起こるので、

あ、これはきっと

 神様のタイミングではないんだなあ…としみじみ感じたりしています。

 

そういえば、

 

エスの母マリア…って

 

タイミング、わりと悪いほうですよね…

 

おこがましいですけれども

 

あとまわしあとまわしのひと

 

…なら、これでもいいかあ、と思ってしまう単細胞なわたし。

 

しかたないことって

この世にはたくさんあるから。

 

あとは、 

自分が

誰の足元にすわって

誰を見上げるかじゃない…?

 

っていうはなしでした。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へほんブログ村