天使のはしご 3月町だより

"March comes in like a lion and goes out like a lamb."

お出かけはずっと雨

f:id:kaerunorinchan:20180929010240j:image

 

所用でお出かけしましたが、

ずっと雨でした。

 

今回、

かなり心が折れるかなあと思う内容でしたから、最初から最悪の体調を予想して、宿泊をすることにしていました。

 

案の定、

今回の目的だった用事がすむと、

急激に体調が悪くなり、疲れているのに眠れず、夜間に嘔吐になり、ふらついて倒れ、なんとも情けない有り様になりました。

 

ひとは、

どんなに善意を持っていようと、

けして共有できない経験や心情があるかも知れません。

想像力を駆使しても、感情が憑依できない体験は必ずあります。

ただ、何も語らないままで寄り添うことだけが、大切なのかも。

雄弁な励ましや聖句は、むしろ、刃のように鋭く相手を刺すのですから。

 

それは誰を責めるでもありませんが、とても残念ではあります。

 

f:id:kaerunorinchan:20180929010255j:image

 

東京にいるあいだはずっと雨でした。

 

もう2度と会えないたくさんのひとたちを思って、少し泣きました。

 

でも、

新しく、わたしを助け支え守る方々が、

雨の東京にもいて、

また、家のある街にもたくさんいて、

ありがたいなあと、

また少し泣きました。

 

もうわたしにはなんにもない、と、

少し泣きました。

 

空っぽになってしまいました、と、

少し泣きました。

 

わたしを心配している、という方々の言い訳をたくさん聞いて、

少し泣きました。

 

ほんとうに心配してくれるひとは

言葉はくださらずに、

雨の中を歩いてくださいます。

 

弱い弱い弱い弱いびびりのわたしには、

泣いた先に何も見ることはできません。

 

ただ、

泣いても解決にはならなくて、

たくさんの刃が刺さったままで、

歩いていこうと思います。

 

無理して刃を取れば、

失血してしまうから。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村