天使のはしご 3月町だより

"March comes in like a lion and goes out like a lamb."

悲しみは数え切れないけれど その向こうできっとあなたに会える

f:id:kaerunorinchan:20190407030550j:image

 

長女が昨晩、わたしがうたたねしている間に描いた、かわうその絵です。

かわうそ

なんだかお友達と一緒に話していて、お祈りかわうそが可愛いという話で、それで描いたらしいです。

 

お祈りかわうそ

色鉛筆画です。

 

うちは色鉛筆とスケッチブックだけはたくさんありまーす!笑笑

 

みていたら、最近よく聴いている

「いつも何度でも」なかわうそかな?とふと思って、聴きながら見ていました。

良いですよー

 

「いつも何度でも」

呼んでいる 胸のどこか奥で
いつも心躍る夢を見たい
悲しみは数え切れないけれど
その向こうできっとあなたに会える

繰り返す過ちの そのたび人は
まだ青い空の青さを知る
果てしなく道は続いて見えるけれど
この両手は光を抱ける

さよならの時の静かな胸
ゼロになるからだ 耳を澄ませる
生きている不思議 死んでいく不思議
花も国も街も みんな同じ

呼んでいる 胸のどこか奥で
いつも何度でも夢を描こう
悲しみの数を言い尽くすより
同じ唇でそっと歌おう

閉じていく思い出のその中にいつも
忘れたくない囁きを聞く
粉々に砕かれた鏡の上にも
新しい景色が映される

はじまりの朝の静かな窓
ゼロになるからだ 充たされてゆけ
海の彼方には もう探さない
輝くものは いつもここに
私の中に 見つけられたから

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

にほんブログ村