天使のはしご 3月町だより

"March comes in like a lion and goes out like a lamb."

派を離れる もう疲れてしまった

f:id:kaerunorinchan:20190124220758j:image

 

生まれ育った教派を一昨日付で、わたしと長女が除名になる事がわかりました。昨年夏より転籍願いを出していましたがわたしからの連絡は返答なし弁護士を通せとなり、先月困って連絡しましたら、一昨日、実家父に教団理事長に言われたと、教区長から電話がきたそう。実父に通告してきたので、残念な感じがしました…。実父に対して、わたしの監督不行き届きや、懲罰的な意味合いがある電話だろうと、相談した方々(クリスチャンもそうでない方も含め)言われました。日曜礼拝参加自体が獣の刻印と言われるので、わたしと長女は再臨の日に左に分けられ地獄の火に焼かれる予定です…っていうこと。今いる教会牧師が昨年夏に「祝福を持って転籍を」と教区長に話してくださいましたが、……いろいろ考えてしまいました。

 

わたしはキチガイで嘘つきで話したらダメという話だそうです(そう言われていると聞きました)。教団は、わたしの実妹にも「弁護士を通さないと話さない」と言われたそうでした。

 

さまざまな理由で、いろいろな場所で、信仰を守ることがあります。

 

ここ数日は少し不安。神さまはわたしが一生懸命してきたことも、何を望んで何を描いて何がほしくて何に命をかけたかを全てご存知の上で、わたしには、たまわらないのだ、って思う。

 

おとといの除名の件では、わたしがどれだけたくさんの人に恨まれているかわかって小心者だからつらいな。

モンゴメリ赤毛のアンの最初の場面で、間違いではグリーンゲイブルズにきたアンが「みんなわたしをいらないの。男の子じゃないから。赤毛だから。」って泣くけどあんな感じ。


どんなに一生懸命生きてきてもいらないと言われてしまった。おまえみたいに使えない能力のないバカは。

 

こういう場合はどのように自分の心をおさめるべきだろうか。


今日、牧師に「あなたを痛めつける為の矢は、相手の想定以上にあなたを痛めつけたね」と言われて


にっこりしてきた。


新しい気持ちで新しい生活をとたくさん言われるけど


少し疲れてしまった。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

にほんブログ村