天使のはしご 3月町だより

"March comes in like a lion and goes out like a lamb."

悪意の噂を信じる人はそもそもこちらを信用していない人

f:id:kaerunorinchan:20190713000404j:image

 

昨夜、ある新聞記者さんが

 

「今はお先真っ暗に見えるけど

長い目で見たら良い方向に向かってる気がします」と

言って下さいましたが、


DV困りますと逃げたら、社会的に消されていくわたしと、

集団いじめやめてと訴えたら、学校を追いやられる長女が、

同じように悲惨に思えてしまう。

 

先生に相談した未定の内容が翌日は生徒に知られていた件で長女が悲嘆にくれています。


わたしたちは様々な嘘の噂を拡散され

「やはりDV被害と避難を言う母子は信用できない」と言われ追われる恐怖があるけども


どんなに弁明しても、そもそも噂を信用する時点で、相手はわたしたちを信用していないと気がついた。

 

わたしたちを信用しない、見下している相手に、正直に何かを話したりしても、事態は改善しないしむしろ「言い訳がましいから怪しい」と悪化する。


正しい沈黙と撤退しかない。


わたしたちの沈黙により攻撃対象者を失った相手は、新たな対象者を探すと、医師から言われました。


それはわたしたちの責任ではありません。

 

攻撃対象者が自分たちのテリトリー外になれば、忘れさるだろうという多数の予想です。


当該生徒の成長と人生は神さまの手にあります。

 

 

声高に幸せを主張する集団、宗教は苦手だから、静かに向き合って生きていたいし……


ほんとうは、小さな穏やかな毎日を過ごせるようになれば、


波風がたくさん吹いたとしても

嘲笑や馬鹿にする目があっても


嬉しいなあ、小さな毎日が楽しいなあって幸せになる。


そうなるといいなあ。

いつか。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

にほんブログ村